トップへ
KJ 2016.12
2016-11-15
特集「遠藤克彦建築研究所」として「KJ 2016.12」が発刊されました。ご高覧いただけますと幸いです。どうぞ宜しくお願いいたします。

関連カタログ
2013-05-31
日本の賑わいとは人々の「往来」の上にあると考えます。それが本計画案のコンセプトである「みちひろば」です。
2013-02-11
伊豆市「伊豆の国市伝統芸能会館(仮称)設計提案競技」の計画案です。
2012-02-07
東日本大震災で大きく傷ついた宮城県七ヶ浜小中学校の建替えによる、基本実施設計プロポーザル応募案。
2011-06-30
北山文化環境ゾーンの整備に伴い、総合資料館と京都府立大学の機能連携による新総合資料館の整備を行い、文化・環境・学術の交流・発信拠点の整備計画プロポーザルの応募案である。
2010-04-12
豊田市の自然環境学習拠点の再整備のために計画された施設です。森と繋がる「みち」を建築化するというコンセプトのもと、緩やかなカーブを持つ2層のボリュームによって構成される建物を建築しました。
2009-08-17
旧軽井沢のメインストリートを過ぎた山腹に計画された別荘です。非常に高低差があり、谷筋には小川が流れ、夏期には冷涼な風が吹き上げてくる敷地にて、家族の週末住宅となる建物を計画しています。
2009-02-23
今井兼次が設計した大多喜町役場庁舎の老朽化に伴う、耐震補強、大規模改修、増築等の設計業務プロポーザル応募案である。
2009-02-15
中越沖地震の復興のシンボルとして、より多くの市民が芸術文化に触れ、楽しみ、参画できる新しい市民会館の建設プロポーザル応募案である。
2007-09-26
豊田市自然観察の森及び周辺地域整備設計委託設計者選定プロポーザルにおいて、弊社の提案が最終選考の5案に選定され、最優秀賞となりました。
2007-04-16
工学部支援の拠点、工学部の社会連携の拠点として、100年の歴史を大切にした記念会館の建設設計プロポーザル応募案である。
2006-04-13