トップへ
軽井沢雲場の家
Villa in Kumoba
2005-05-01
敷地は、JR軽井沢駅のほど近く、旧軽井沢雲場に あります。この別荘地はもともと1つの広大な敷地でした。初めて敷地を訪れた時にまず感じたのは周囲の静けさでした。しかしながら、同じ時期に始まった周辺別荘群の建設によって、いやがうえにも別荘地全体の密度は高まっていくであろうことは予想されました。そのような敷地のコンテクストの中で、別荘建築として必要とされたのは、最初に感じた静けさをどのように確保していくか、ということでした。
 建物はそんな敷地を「帯」のように切り取るよう配置されています。周囲の配置コードと全く違うジオメトリーでデザインされた建物は持ち上げらたフロアーの効果とも相まって、周囲の建物と正対することなく、稀な視界範囲を手にすることが出来ています。いうなれば、別荘地が通り過ぎていく時間軸を現時点でどのように考えておくか、というデザインであったと言えます。
 また、建物は周囲の自然を積極的に内部まで導くことが出来るように、意図的に映り込みや反射を期待して素材等を選択しています。床材として用いたタイルや、ガラスによって延々と続くように見える天井には周囲の自然が映り込み、実像と虚像の両方の自然を満喫できるようデザインされています。


Location: Karuizawa, Nagano
Category: Residential




所在地:長野県北佐久郡軽井沢町
用途:別荘
建築設計:遠藤克彦建築研究所
構造設計:佐藤淳構造設計事務所
敷地面積:1027.60㎡
建築面積:129.53㎡
延床面積:126.65㎡
構造:鉄骨造
規模:地上1階
施工:株式会社 竹花組
関連カタログ
2009-08-17
旧軽井沢のメインストリートを過ぎた山腹に計画された別荘です。非常に高低差があり、谷筋には小川が流れ、夏期には冷涼な風が吹き上げてくる敷地にて、家族の週末住宅となる建物を計画しています。
2008-01-13
八ヶ岳の麓、標高1700mの高地に計画された別荘です。敷地は東南東に向かって緩やかな傾斜があり、白樺林と笹で覆われた環境で、四季折々の良好な自然環境を室内に導くよう計画しました。
2008-01-13
軽井沢離山の山麓にて、軽井沢町を眺められる場所に計画された別荘。敷地及び敷地周辺の自然環境への配慮と共に別荘生活における「パブリック/プライベート」を分離できるような建物を計画した。
2007-05-16
標高1000mの高原道路をかすめる森林の中に計画された住宅。大きなワン・スペースの空間で、いろいろな特徴ある「場所」を愉しむことができるような建物です。
2005-03-10
2004-02-01
浅間山麓に計画された別荘です。東南側への傾斜地であり、東に山々を望む敷地。この敷地を活かした眺望の計画と共に、「非日常」を踏まえた「サテライトな住宅」となる建物を計画しています。