トップへ
EdgeA
2006-04-13
この建物は、新聞販売を中心とした、地域社会が持つべき「メディアセンター」であるとイメージしました。そして建物自体がその「メディア」を表現しなければなりません。この建物で表現すべきと考えた「メディア」は、「24時間動いているという躍動感」、つまり「時間」をデザインすることに他なりません。
 昼、明るい太陽の下を歩く人が見る建物は、印象的な「黒い艶」で覆われた外形です。敷地周辺のランドマークとなるべく、その形態は幾何学図形から切り取られたかのような鋭いシェイプを見せます。また、その強い印象は働く人に「この場所この建物で働いていること」の楽しさを伝えます。
 夜、漆黒の闇中に浮かび上がるのは、切り取られた開口部から漏れる「光の形」です。夜空に消えていくような外壁面の色とは対照的に、内部から漏れる光がカタチを持って、内部で行われている仕事を表現します。
 この建物は1日24時間、動き続けます。「メディア」とは日々の生活に欠かせない「新鮮な情報」であり、その配達を行うスタッフは正に情報伝達の担い手であるのです。そして「メディア」の象徴が「24時間をデザイン」した建物でありたいと考えています。
 可能であれば、私たちはこの建物に関係する全てをデザインしたいと考えています。それは毎日乗るバイクからユニフォーム、ヘルメット、そして会社案内、社内誌までもです。トータル・イメージで「働く環境」のデザインをすることが出来れば、もはや、それは会社から地域へのメッセージであり、その「デザイン・コード」で導かれる社内の作業風景は、販売所スタッフの成長にも必ず繋がっていくと考えています。
 私たちが提案する建物は、地域社会を24時間、絶え間なく照らす「時間の灯台」なのかも知れません。


This building for publishing newspapers has to be a media center for the local community. It must express the media by itself. In this case, it must express a constant vitality throughout the day, which means to design time.

In the daytime, it looks like an impressive building covered in black luster under the sun. It has a sharp shape as if cut off from a geometric pattern and inserted into the site to become a symbol in the neighborhood. That remarkable impression also contributes to improve the quality of the work space.

At night, light emerges from the openings and the wall gets loomed in the darkness contrasting with the sheen effect during daylight. The lights from the interior represent the activity in the building which goes from morning to evening. The media is fresh information which is completely necessary for life and employees are responsible for delivering information. Therefore, the symbol of the media should be the building which designs time as mentioned, 24 hours a day.

We would like to design all things involved with this building as the delivery motorcycles, uniforms, helmets as well as in-house newsletters. If it is possible to design consistently all about the working environment, it would be a good way to show clearly how this company works for the community and lead to develop the company and also employees by showing their work style. This building we suggested is a lighthouse symbolizing time that always illuminates the community.






所在地:東京都練馬区
用途:事務所兼共同住宅
建築設計:遠藤克彦建築研究所
構造設計:佐藤淳構造設計事務所
敷地面積:132.23㎡
建築面積:79.32㎡
延床面積:280.30㎡
構造:鉄骨造
規模:地上4階
関連カタログ
2007-04-05