トップへ
遠藤 克彦
Katsuhiko Endo
*ENGLISH FOLLOWS

【略歴】
1970年 横浜市に生まれる
1992年 武蔵工業大学(現 東京都市大学)工学部建築学科卒業
1995年 東京大学大学院 工学系研究科 建築学専攻修士課程修了
    (東京大学生産技術研究所 原広司研究室在籍)
    同大学院博士課程進学
1997年 遠藤建築研究所設立
1998年 同大学院博士課程退学
2000年 東京都品川区東五反田に事務所移転
2007年 株式会社遠藤克彦建築研究所に変更

2010年~2016年 東京工芸大学工学部建築学科非常勤講師
2011年  慶応義塾大学大学院理工学研究科非常勤講師
2011年~2014年
      国士舘大学理工学部理工学科建築学系非常勤講師
2014年  工学院大学建築学部非常勤講師
2015年〜 日本大学理工学部建築学科非常勤講師

【受賞歴】
■垂水市新庁舎建築設計者選定プロポーザル (佳作 2018年9月)
■茨城県大子町新庁舎建築設計業務公募型プロポーザル (最優秀 2018年6月)
■(仮称)大阪新美術館公募型設計競技(最優秀案選定 2017年 2月)
■第15 回 公共建築賞 優秀賞 (豊田市自然観察の森ネイチャーセンター)
 (優秀賞 2016年 6月)
■浜頓別町交流館(仮称)基本・実施設計業務プロポーザル
 (次点 2016年 5月)
■大野町「道の駅実施設計業務委託」公募型プロポーザル
 (最終選考案選出 2015年 8月)
■府中市(仮称)道の駅に係る基本設計及び実施設計業務公募型プロポーザル
 (最終選考案選出 2014年 11月)
■鋸南町都市交流施設設計業務プロポーザル
 (優秀賞第3位 2013年 12月)
■(仮称)茂木町中心市街地拠点整備事業基本設計業務 公募プロポーザル
 (最終選考案選出 2013年 4月)
■日本建築学会近畿支部設計競技
 「コンクリートと木のコラボレーションによる持続可能な住まいと地域住環境の設計」
 (優秀賞 2013年 3月)
■第44 回 中部建築賞 (豊田市自然観察の森ネイチャーセンター)
 (受賞 2012年 12月)
■中土佐町地産復興・福祉交流施設整備事業プロポーザル
 (最終選考案入選 2012年 10月)
■第24 回 日事連建築賞 (豊田市自然観察の森ネイチャーセンター)
 (優秀賞 2012年 10月)
■庄内町温泉施設整備事業基本設計業務公募型プロポーザル
 (次点 2012年 9月)
■大分市地域包括ケア施設 ケアモール天心堂 構築プロポーザル
 (最終選考案入選 2012 年 9月)
■七ヶ浜中学校建設基本・実施設計業務委託プロポーザル
 (次点 2012年 2月)
■第19回 愛知まちなみ建築賞 (豊田市自然観察の森ネイチャーセンター)
 (受賞 2011年 11月)
■大多喜町庁舎建設設計業務プロポーザル
 (準佳作 2009年 2月) 
■柏崎市新市民会館設計プロポーザル
 (最終選考案入選 2009年 2月)
■豊田市自然観察の森及び周辺地域整備設計委託業務
 (最優秀賞 2007年 9月)
■山形大学工学部創立100周年記念会館公募型プロポーザル
 (20選通過 2007年 1月)
■第27回INAXデザインキッチン・居室空間 (軽井沢雲場の家)
 (部門賞入選 2006年 11月)
■豊田市生涯学習センター逢妻交流館 公募プロポーザル
 (最終選考案入選 2006年 9月)
■京都府大宮町「小町の舎」デザイン・コンペティション
 (最終選考案選出 1994年 5月)

【掲載誌】
□大阪中之島美術館
「生きた建築 大阪2」2018年10月(株式会社140B)
□茨城県大子町新庁舎
「GA JAPAN 154」2018年7月
□BRUTUS
「建築を楽しむ教科書」2017年7月15日号
□KJ
「Kensetsu Journal 遠藤克彦建築研究所」 2016年12月号
□軽井沢鶴溜の家
「新建築 住宅特集 2014年9月号」
□軽井沢深山の家
「新建築 住宅特集 2014年9月号」
□東京大学生産技術研究所 アニヴァーサリーホール
「作品選集」2014 年 (日本建築学会)
「新建築」2013 年3 月号 (新建築社)
「建築画報」2016 年9 月号 No.367(株式会社建築画報社)
□豊田自然観察の森ネイチャーセンター
「作品選集」2014 年 (日本建築学会)
「公共建築Vol.58 No.211 特集第15回公共建築賞/公共建築と国際化」(公共建築協会)
□EdgeA(練馬区ビル)
MARK♯6 FEBRUARY / MARCH 2007 (オランダ誌FRAME 社)
「建築技術」2006 May No.676(建築技術)
「日経アーキテクチュア」2005 11-14 (No.809) (日経BP 社)
地域のメディアセンターに生まれ変わる新聞販売所
(建設通信新聞2005 年8 月25 日付)
□東嶺町の家
「リフォームハンドブック2006」(建築資料請求所)
「SIGHT」VOL.23 SPRING 2005(ロッキング・オン・ジャパン)
□軽井沢千ヶ滝の家
「モダンリビング」No.167 July 2006(アシェット画報社)
「ニューハウス」2006年7月号(ニューハウス出版社)
「新建築住宅特集」2004 年2月号(新建築社)
「別冊モダンリビング:快楽住宅・遊び時間のある家」(アシェット画報社)
□下田眼科クリニック+下田の家
「新建築住宅特集」2003年3月号(新建築社)
「建築文化」No.665号(彰国社)
「建築家と家をつくる愉しみ」2002年2月(坂本徹也著TOTO出版)


Katsuhiko Endo

1970   Born in Yokohama City
1992   Graduated fron the Department of Architecture, Faculty of Engineering,
      Musashi Institute of Technology (now Tokyo City University)
1995   Obtained the Master’s Degree in Architecture, Graduate School ofEngineering,
      University of Tokyo(under Hiroshi Hara, Institute of Industrial Science)
      Went on to the Doctoral Course in the same graduate school
1997   Founded Endo Architect and Associates
2007   Incorporated Endo Architect and Associates
2010   Became a lecturer at the Department of Architecture, Faculty of Engineering,
      Tokyo Polytechnic University until 2016
2011   Lectured at the Graduate School of Science and Technology, Keio University
2011   Became a lecturer of Architecture at the Department of Science and Engineering,
      Faculty of Science and Engineering, Kokushikan University until 2014
2014   Lectured at the Department of Architecture, Kogakuin University
2015   Became a lecturer at the Department of Architecture,
      Nihon University College of Science and Technology
2017   Established Osaka Office

関連カタログ