トップへ
豊田市自然観察の森ネイチャーセンター及び周辺施設
Toyota-City Nature Center
2010-04-12
この建物は豊田市の自然環境学習拠点の再整備のために計画されました。森と繋がる「みち」を建築化するというコンセプトのもと、建築は緩やかなカーブを持つ2層のボリュームによって構成されています。この2層のボリュームはカーブを反転させた状態で各々の頂点にて重ね合わせられ、中央の吹抜けスペースにて上下に繋ぐことで立体的な内部空間を構成しています。各ボリュームとも内部空間と屋上を持ち、建物のどこからでも森の中へ出掛けていくことが可能な計画となっています。子どもたちは、この建物で教えを受け、学び、そして出発ロビーから森へと導かれていきます。この建築は人を森へと導く「カタパルト」なのです。
 この広大な森の先に、野鳥観察デッキや貴重な湿地帯に配された休憩所など「サテライト施設」と呼ばれる施設群も計画しています。また、自然環境学習の展示内容や、館内/森全体のサイン計画、散策コースの策定など、建築を取り巻く状況全体を設計サイドで計画することが可能となりました。これらは自然環境学習の意味を真に理解する豊田市の意識の高さとその実行力が形になったものでと言えます。ここに深い感謝を捧げたいと思います。
 この建築は、平成19年9月に行われた建築設計競技において最優秀案として選定され、市や市民との多々の協議を経て建築されました。


The Toyota-City Nature Center, located at the border between natural and developed areas in Satoyama, is dedicated to the conservation of the natural environment and offers citizens a place to learn about nature through direct interaction. The planning incorporates exterior observation paths and a series of satellite facilities, creating a network within the 28.8 hectare forest area; the Nature Center serves as the entrance to this network.

Architecturally, the Center is organized as a 'pathway,' gradually leading to the exterior landscape. Its gently curving forms are generated by layering 'a tube for interaction with nature' with 'a tube for learning about nature;' the direct connection between the interior circulation and the exterior walking paths enhances activity and connections between people and the surroundings. Diamond-shaped double-skin openings filter natural light in the same way that sunlight filters through tree branches, gradually leading visitors through the building into the forest.

In order to meet the demand of people with disabilities, the building is designed to be barrier-free as far as possible, allowing for smooth transition to the exterior pathways. The elevator is centrally located in the center of the building and stops at every level. From each floor, visitors can directly access the forest through exits connected to paths on the same level.

Structurally, the building utilizes a rigid frame structure with a braced seismic core on the ground floor, while a truss structure on the first floor serves to bridge the large spans. The structural plan takes advantage of the natural topography, designed such that both floors can transform independently and transfer seismic force to the adjacent mountain slope.







所在地:愛知県豊田市
用途:自然学習施設
建築設計:遠藤克彦建築研究所
構造設計:佐藤淳構造設計事務所
設備設計:EOS plus、Comodo設備設計
展示・サイン:キャベッジ・ネット
敷地面積:9894.32㎡
建築面積:1615.34㎡
延床面積:1354.27㎡
構造:鉄骨造(一部RC造)
規模:地上2階
施工:熊谷・斎藤建設共同企業体
関連カタログ
2016-11-15
特集「遠藤克彦建築研究所」として「KJ 2016.12」が発刊。
2016-11-10
「豊田市自然観察の森ネイチャーセンター」が、公共建築協会「公共建築Vol.58 No.211 特集第15回公共建築賞/公共建築と国際化」に掲載されました。
2016-06-02
豊田市自然観察の森ネイチャーセンターおよび周辺施設が、第15回公共建築賞の優秀賞を受賞いたしました。
2012-12-10
豊田市自然観察の森ネイチャーセンターおよび周辺施設が、平成24年度中部建築賞を受賞いたしました。
2012-10-05
「豊田市自然観察の森ネイチャーセンター」が第24回日事連建築賞の一般建築部門にて、 優勝賞を受賞致しました。
2012-02-01
豊田市自然観察の森ネイチャーセンターが第19回愛知まちなみ建築賞を受賞致しました。
2007-09-26
豊田市自然観察の森及び周辺地域整備設計委託設計者選定プロポーザルにおいて、弊社の提案が最終選考の5案に選定され、最優秀賞となりました。