トップへ
軽井沢北聖沢の家
Villa in Kitahijirisawa
2009-08-17
森とのツナギカタ3「プライマリー形態を有機的に繋ぐ」

 賑わいに溢れる旧軽井沢商店街を抜け、その喧噪も消えるころには道はどんどんと急な坂道となっていきます。車同士がすれ違うのも気を遣うような幅の車道を何度かターンした後、谷筋に向けてハンドルを切った斜面地に敷地はあります。広大で谷を挟んでいて、降りていくと自然の小川が流れていました。
 東京近郊に住み、多忙な会社経営の日々を過ごすクライアントの要望は、自分たち夫婦、息子家族、そして娘家族の三家族が、時には一緒に来て家族団らんの時間を過ごし、時には各家族が来たい時に来て自由に過ごせるホテルのようなプライベート性を持った別荘でした。
 多くのスタディの結果、辿り着いたのは「プライマリーな平面形態の各住戸棟や機能棟」、そしてそれらを繋ぐ「コモンスペース」というデザインです。玄関棟、リビング棟、主寝室棟、サニタリー棟、家族A棟、家族B棟、そして駐車場棟と各棟を独立させて配置し、各家族が専有スペースと家族の共有スペースを状況に応じて使用できるよう計画しています。各棟を繋ぐ「コモンスペース」は各々の棟に対して60度の角度で計画されており、各棟を繋ぐ為の通路的な空間であるのと共に、家族同士のプライバシーも緩やかに確保するための「緩衝空間」としても機能しています。各棟は各々が違う素材感を持ったテクスチャーでデザインされ、外観の統一感とは異なった、テーマ性のある内部空間を提供しています。


Location: Karuizawa, Nagano
Category: Residential






所在地:長野県北佐久郡軽井沢町
用途:別荘
建築設計:遠藤克彦建築研究所
構造設計:坪井宏嗣構造設計事務所
敷地面積:6070.84㎡
建築面積:373.96㎡
延床面積:360.74㎡
構造:鉄骨造
規模:地上1階
施工:株式会社 竹花組
関連カタログ
2008-01-13
八ヶ岳の麓、標高1700mの高地に計画された別荘です。敷地は東南東に向かって緩やかな傾斜があり、白樺林と笹で覆われた環境で、四季折々の良好な自然環境を室内に導くよう計画しました。
2008-01-13
軽井沢離山の山麓にて、軽井沢町を眺められる場所に計画された別荘。敷地及び敷地周辺の自然環境への配慮と共に別荘生活における「パブリック/プライベート」を分離できるような建物を計画した。
2007-05-16
標高1000mの高原道路をかすめる森林の中に計画された住宅。大きなワン・スペースの空間で、いろいろな特徴ある「場所」を愉しむことができるような建物です。
2005-05-01
JR軽井沢駅に近い、旧軽井沢雲場に計画された別荘です。もともと1つの広大な敷地であったこの場所が持合わせている静けさを、今後も確保し続けられるようにデザインしました。
2005-03-10
2004-02-01
浅間山麓に計画された別荘です。東南側への傾斜地であり、東に山々を望む敷地。この敷地を活かした眺望の計画と共に、「非日常」を踏まえた「サテライトな住宅」となる建物を計画しています。