トップへ
軽井沢深山の家
Villa in Miyama Karuizawa
2010-12-27
「開かれた場所」と「閉じられた場所」を意識的に横断させていくこと

旧軽井沢を見下ろす高台の、東向き斜面に計画された別荘. 9.9×9.9mの正方形平面によるきわめてプライマリーな立方体ヴォリュームをもとにこの建物は計画されています. 建主は夫婦でそれぞれが毎日の仕事で多忙であり、週末に訪れて束の間の休息を得るための場所として、この地での建築を求めていました.

この住宅は、リビングとダイニングを中心とした「開かれた内部」と、その他の「閉じられた内部」の、ふたつの異なる性格をもつ場所によって計画されています. 「開かれた内部」とは、この住宅では外形を規定する立方体からくり貫かれた部分であり、建築という閉じた空間の中においては、いわば「開かれた場所」といえます. 一方「閉じられた内部」は、機能的には私室やサニタリー・書斎などを指し、くり貫かれた残りの部分に、浮遊するヴォリュームの中に閉じ込めるよう計画しています. この住宅ではそのふたつの異なる性格の内部空間を計画することで、家族内のパプリックとプライベートを同居させようと考えました. また、その移動が生活行為の象徴的なものとなるよう、リビング・ダイニングを形成する下階ヴォリュームと寝室を含む上階ヴォリュームとは周囲360度をサッシで切り離し、違うヴォリューム内に入るという行為を動線としてつくり出しています. 完全に切り離されたヴォリュームの間からは四季折々の自然の風景が、各場所ごとの開放度をもって視界に飛び込んできます.

この住宅の計画意図とは、「開かれた場所」と「閉じられた場所」を意識的に横断させていくことにあります. それは結果として外と内との境界の多様性を探すことに繋がっていきます. 建築という塊自身が境界を規定していく、そんな可能性を私はこの住宅に見い出しています.







所在地:長野県北佐久郡軽井沢町
用途:別荘
建築設計:遠藤克彦建築研究所
構造設計:長坂設計工舎
敷地面積:1689.86㎡
建築面積:98.01㎡
延床面積:130.47㎡
構造:鉄骨造(一部RC造)
規模:地上2階
施工:株式会社 竹花組
関連カタログ
2014-08-19
「軽井沢鶴溜の家」と「軽井沢深山の家」を新建築 住宅特集2014年9月号に掲載いただきました。
2009-08-17
旧軽井沢のメインストリートを過ぎた山腹に計画された別荘です。非常に高低差があり、谷筋には小川が流れ、夏期には冷涼な風が吹き上げてくる敷地にて、家族の週末住宅となる建物を計画しています。
2008-01-13
軽井沢離山の山麓にて、軽井沢町を眺められる場所に計画された別荘。敷地及び敷地周辺の自然環境への配慮と共に別荘生活における「パブリック/プライベート」を分離できるような建物を計画した。
2005-05-01
JR軽井沢駅に近い、旧軽井沢雲場に計画された別荘です。もともと1つの広大な敷地であったこの場所が持合わせている静けさを、今後も確保し続けられるようにデザインしました。
2005-03-10
2004-02-01
浅間山麓に計画された別荘です。東南側への傾斜地であり、東に山々を望む敷地。この敷地を活かした眺望の計画と共に、「非日常」を踏まえた「サテライトな住宅」となる建物を計画しています。